90日で他人に知られずに、自宅で英語力をこっそり伸ばす方法



>> 英語上達メールセミナー (購読無料)

※募集人数 に達した時点で終了します。

2010年11月29日

【英語動画】全米一有名な56歳(男)の話

前回の続きです。

全身に2200個ものタトゥーを入れている
男(アメリカ人)の話、です。

かなり聴き取りやすい英語ですので
まずは最後までリスニングしてみてください

●2200個のタトゥー男の実話-YouTube英語動画



動画を読むと解りますが、この2200個のタトゥー。

実は日本のあっちの方たちのような
鷲とか竜のタトゥーではなく、

ディズニーのタトゥーなんですね。

しかし、ある出来事があってそのタトゥーも全て消してしまいます。
今までコレクションにしていたディズニーアイテムも全て
売ってしまいました。

彼に何が起こったのか...

その理由は恋だったようです。

ペンシルバニア州に住むレイガーさん(56歳)は、
アメリカでは言わずと知れたディズニーファンとして有名で、
テレビや雑誌にも何度も紹介されている方です。

動画にも出てきますが、

彼は収入の85%をディズニー製品やディズニーのコンベンション(展示会)に
足を運ぶことに費やすほどのファンで、

家中コレクションでぎっしりと埋め尽くされています。

ところがレイガーさん、

オークションで5000ものディズニーコレクションを全て売却することを決意し、
さらに全身の2200のキャラクター・タトゥーを消すことに決めたと言うのです。
(消えるんですね!痛そうです...)

理由は、カリフォルニアで開催されたディズニーコンベンションで出会った女性(48歳)
と恋に落ちたからだそうです。

これからマイアミに移り住む新居のために
ディズニーコレクションは全て売り払うとのこと。

恋の力というのは強いなとそんなことを思った動画でした。
(別れないように祈ってます!)

英語を学ぶ。

方法は色々あります。

リスニング力を伸ばすにしても

例えば3倍速で聞いたり、
ディクテーションをしたり、

色々ありますが、

理想は、英語に接しながら英語で情報を入れ、
理解するというステップの中に身を置く、

というものです。

英語を勉強しなくては...

これだと毎回、重い腰を持ち上げなくては
いけませんが(感覚的には)、

英語で情報を入れる、という感覚でいれば
毎回、モチベーションを上げないとな、

というような状況にはならないので
是非、参考にして欲しいと思います。

同じ年代であれば、

例えば、ドラゴンボールのセル編で
孫悟空と孫悟飯が精神と時の部屋で
修行をして四六時中、スーパーサイヤ人
でいるように修行しているシーン、

あの感覚です。

伝わればこれ幸いです(苦笑)。

あなたの英語上達、リスニング力の
上達に役立てばうれしいです。

中西

90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

http://gold-mind.jp/mobile/mail-seminar

にPCでアクセスした後、
携帯アドレスを入力することで参加可能です。

■英語ブログ
パイロットが教える90日英語上達ブログ

パイロットが教える英語勉強、英語勉強ブログ



  


Posted by 株式会社トモネットどっとこむ at 12:00Comments(0)

2010年11月27日

【英語動画】2200個のタトゥーある男の行動

龍馬伝...

いよいよ明日で最終回ですね。

NHKを最初から最後まで見たのは
これが初めてです。

龍馬伝は48回目で最終回ですが、
よく48週欠かさず見られたなと思います。

わくわくするもの、楽しいと感じるもの、
そういうものにモチベーションは反応しますよね。

英語も同じかもしれません。

【英語動画】2200個のタトゥーある男の行動

今回紹介する英語動画は、

全身に2200個ものタトゥーを入れている
男(アメリカ人)の話、です。

まずは内容を話す前にリスニングの力試しに
動画を最後まで見てください:

●【英語動画】2200個のタトゥー男の行動-YouTube英語動画


動画を見ると解りますが、
この2200個のタトゥー、

実は日本の怖い方たちのようなタトゥーではなく、
ディズニーのタトゥーなんですね。

しかし、ある出来事があってそのタトゥーも全て消してしまいます。
今までコレクションにしていたディズニーアイテムも全て
売ってしまいました。

彼に何が起こったのか...

今回はその理由をリスニングして見てください。

注意することは全てをきっちり聞き取れない

⇒リスニング力が低い

と思わないようにする、という事です。

大事なのはメッセージ、話している内容が
どれだけ理解できるか、です。

「リスニングを全て聞き取れるようになりたい!」

これは草野球少年が明日からメジャーリーグの
4番で打ちたい!と言っているようなものです。

1つずつ階段を登っていけばそれでOKです。

※メジャーリーグに行かなくても中学、高校生レベルで
実はリスイングはほとんどできるようになっています。

90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

http://gold-mind.jp/mobile/mail-seminar

にPCでアクセスした後、
携帯アドレスを入力することで参加可能です。

■英語ブログ
パイロットが教える90日英語上達ブログ

パイロットが教える英語勉強、英語勉強ブログ




  


Posted by 株式会社トモネットどっとこむ at 08:32Comments(0)英語リスニング

2010年11月25日

【格言英語】アインシュタインに学ぶ英会話


紅葉の時期ですね。

紅葉を見に行く(これを紅葉狩りに行くというんですね)、
ということはほとんどないのですが(家から見えるので)、

京都などのお寺めぐり、食べ歩きをしながら
紅葉をするのも楽しいかもしれないですね。

外国人は特に喜びそうなイベントなので、
是非、英会話の練習がてら誘って見てくださいね。

========
格言英語
========

The more I learn, the more I realize I don't know.
The more I realize I don't know, the more I want to learn.

Albert Einstein


========
日本語訳
========

「学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるかを思い知らされる。
自分の無知に気づけば気づくほど、より一層、学びたくなる」

========
英文解説
========

The moreの構文です。

読んでの通りですが、使われている英語、
英単語は中学1年生で習う単語ばかり。

多くの名言、格言英語が実にシンプルな英語を使います。

難しいことを学ぶあまり、

相手にいかに簡単にわかりやすく
伝えるのかという視点がおろそかになってしまう。

英会話はシンプルな表現の連続だと思えば、
そんなに難しいものではないです。

この文章は

intellectual curiosity を追求した
アインシュタインらしい言葉ですよね。

人の話を聞き、知の刺激を受ける。

ここから自分なりの考え、解釈を肉付けし
そこから自分のモノにしていく。

新聞を読んでも、テレビを見ても、ラジオを聴いても、

自分はどう思ったのかを英語で置き換えて独り言を行ってみる。
この行為こそが、思考力と英語力を同時進行で成長させる。

時間をどう使っていくのかは、あなた次第。

英会話(スピーキング)の上達にしても、
リスニングの上達にしても、

考える事は同じです。

90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

http://gold-mind.jp/mobile/mail-seminar

にPCでアクセスした後、
携帯アドレスを入力することで参加可能です。

■英語ブログ
パイロットが教える90日英語上達ブログ

パイロットが教える英語勉強、英語勉強ブログ

  


Posted by 株式会社トモネットどっとこむ at 08:14Comments(0)英会話

2010年11月24日

【英語】世界一頭の良い男の生涯


『全米一頭の良い男は果たして大成したのか?』

マルコム・グラッドウェルという方がいます。

勝間さんがよく翻訳されているものですね。
(といっても厳密には勝間さんが直接翻訳をしているわけではないのですが 苦笑)

その中の1冊に、冒頭の話が出てきます。

簡単に説明すると、この男性のIQは195あるそうです。
(アインシュタインが150だったそうなのです)

これだけのIQがあれば、きっと大発見、大発明をしたり、

さぞ立派な学者にでもなって大成したんだろうなと思いきや、
晩年は荒れ果てた農場で寂しい生活を送っていたそうです。

なぜこれほどまでの天才がどこでどう間違ったのか興味深いところですが、

その原因の1つとしてマルコム氏が挙げていたのが『コミュニケーション能力』の欠如なんだそうです。

この話を読んで英語にしても例えば、

ひたすら英単語帳とにらめっこして英単語の知識を増やす人と

早い段階で見切りをつけて人に教える、
話す段階に入っていく人の違いに似ているなと思いました。

(※ちなみに英単語を使った記憶法(単語だけの羅列)は人間の脳という観点で見ると最悪の記憶法なんだそうです。)

英語にゴールはないです。

どこかのポイントで人と話し、人に教え、それを自分の経験としていく。

留学の経験はない。

しかし、英語は話せる。

こう聞くと外国人との英会話によるコミュニケーションは要らないのかなと勘違いしてしまいそうですが、

そんなことはないです。

国内にしても英語を話すことは誰でもできます。(しかも簡単に)

留学せずともどこかのポイントで英語で話、人に教え、
そうやってきた人たちが結局は英語を話せる人たちの仲間入りをしていくのだと思います。

世界一のIQを持つ男。

それとも、自分の力を荒波の中でもまれながら伸ばしていく男。
どちらの選択をするか、です。




90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

http://gold-mind.jp/mobile/mail-seminar

にPCでアクセスした後、
携帯アドレスを入力することで参加可能です。

■英語ブログ
パイロットが教える90日英語上達ブログ

パイロットが教える英語勉強、英語勉強ブログ


  
タグ :英語英会話


Posted by 株式会社トモネットどっとこむ at 11:40Comments(0)英会話

2010年11月23日

【英語動画】トップに立った男の英語

今回紹介する英語動画は、

Kyle Maynard(カイル・メイヤード)

という人物について、です。

彼は『No Excuse』の著者であり、
レスリングの選手です。

以前にも紹介しましたが、

Nick Vujicic(ニックブイチチ)と
同じく彼もまた手と足が無いという、

先天性四股切断という症状を抱えながら、
健常者と一緒にレスリングを行い、

米ジョージア州学生レスリングの
トップレスラーにまで上り詰めた人物です。

彼が何を語り、なぜそこまでする事ができたのか、
その理由を見つけて見て下さい。

まずは、動画全体をリスニングして下さい。

リスニングする際のポイントは

なぜ諦めることなく続ける事ができたのか、です。

英語学習と同時に、成功体験を学んで見て下さい。


●Kyle Maynard(カイル・メイヤード)の物語-YouTube英語動画


せっかくなので動画のポイントだけ簡単に解説しておきますね。

==============
英語スクリプト
==============

1:40-1:51

Yes, Kyle Maynard is a wrestler.
In high school, he was ranked top 12 in his weight class,
in the United States.

That came only after he played several years of middle school football.

==========
日本語解説
==========

そう、カイル・メイナードはレスラーなのだ。

高校では、体重別でトップ12にランク・インした。
しかも、合衆国全体で、だ。

おまけに中学ではアメリカンフットボールを何年もプレイしてきた。


==============
英語スクリプト
==============

4:54~

"You talk about help from your parents and your faith in God.
Tell me about those two things.

What they've done to make you who you are."

"I would say, if you combine that with my experiences through wrestling,
those are the three biggest things in my life that have changed me
and molded me to who I am today.

My parents, early on, taught me to be a normal kid,
to eat with normal silverware, I type on a normal computer.

Like I said, drive a normal vehicle.
Have normal relationships, with friends, girlfriends, whatever.

And uh, my faith in God had carried me through a lot of tough times,
because I definitely get down at some points.

And the confidence I've learned from westling."

====================
英語表現、英単語解説
====================

faith in God 神への信仰
combine A with B AとBと合わせる
mold 形作る
who I am today 今日ある自分
silverware ナイフやフォークなどの銀器
vehicle 車
get down 落ち込む
confidence 自信

==========
日本語解説
==========

「あなたは両親からの手助けと、神への信仰について話されます。
もっとこの2つのことに関してお聞かせいただけますか?

それらが今あるあなたにどんな影響を及ぼしたのか。」

「その2つと、レスリングの経験を合わせた3つが、
人生で僕を変化させ、そして今日ある自分を形作ったと思います。

僕の両親は僕が幼いころに、普通の子供であれと教えてくれた、

つまり、

普通のナイフやフォークで食べること、
普通のパソコンを使うこと、

さっきも言ったように、

普通の車を運転すること。

そして友達や彼女とかと普通の人間関係を持つこと・・・

そして神への信仰は僕にとって本当につらい時期を救ってくれた。
僕も落ち込み時はあるからね。

自信はレスリングから学んだよ。」


以上です。

英語もそうですが、英語力が思うように伸びず落ち込んだり、
聴き取りたい内容がいつまで経ってもリスニングできなかったり、
葛藤は必ずあると思います。

つらい時期をいかに乗り越えるか、

ここを乗り越えた人がKyle Maynardであり、
本当の意味で英語を話せる人になるのかもしれないですね。

90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

http://gold-mind.jp/mobile/mail-seminar

にPCでアクセスした後、
携帯アドレスを入力することで参加可能です。
  


Posted by 株式会社トモネットどっとこむ at 12:01Comments(0)英語リスニング

2010年11月22日

【英語動画】ドイツが放送した問題のCM

今回、YouTubeから紹介する英語動画は
ドイツが英語学校(語学学校)を紹介
している英語動画、です。

ここで流れている曲を聴けば分かると
思いますが、問題アリの曲です(笑)。

海外のCMというのは、日本ではまずない
(放送されない)ものも多いので

見ていて面白いです。

まずは、リスニングの力試しとして聴いて見て下さい。

●英語が分からないと大変な事になるCM-YouTube英語動画


このCMで流れている曲は、

Outhere Brothersというデュオのヒットソング"Fuk U in the Ass"です。

I wanna fuck you in the assというサビが印象的な曲です。

訳すことはしませんが、

後部座席に座っている二人の娘が
曲を聴いて満面の笑みを浮かべています。

英語が分からないとアホな奴と見られてしまうよ、
という事を伝えるためにドイツの英会話学校がやらかしたものです。

これは、ドイツでもさすがに放送禁止になったようですが、
当然と言えば当然でしょうが、面白いです。

どうして英語を学ばなければならないのか、

どうしてあなたは英語を学んでいるのか、

何事も『目的』ありき、ですよね。

90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

http://gold-mind.jp/mobile/mail-seminar

にPCでアクセスした後、
携帯アドレスを入力することで参加可能です。



  


Posted by 株式会社トモネットどっとこむ at 11:57Comments(0)英語リスニング

2010年11月22日

【英語動画】4分間の奇跡(実話)

今回紹介する英語動画は、

2006年に作られた(撮られた)もので少し
古いですが、英語のリスニング対策だけ
ではなく、実話として知っておいて欲しいな
と思ったので紹介します。

今回の動画の背景、主人公は、

アメリカのニューヨーク州の高校に通っていた
17歳の少年Jason McElwain君の話です。

彼はバスケットボールの地区大会最後の試合の最後の最後、
ラスト4分間登場し、

その活躍が全米で話題となっていました。
(彼のストーリーは映画化されるそうです。)

autism(自閉症)のJason君が出場した4分間。

その4分間で起きた出来事をまずはご覧下さい!

●4分間の奇跡 - YouTube英語動画


動画を見ると分かりますが、最後の4分間で
Jason君は6本のスリーポイントシュートを含む
合計20点を挙げました。

高校生活で最初で最後の試合で、です。

地元の大会の最後の試合の試合終了4分前、
ジェイソン君は監督に呼ばれました。

試合前にユニフォームを着ておくように言っていたそうです。

20点ビハインドで負けムードなチームにJason君が交代出場。

Jason君が影で誰よりも努力していたことを知っている
チームメイトたちはJason君にボールを集めます。

最初のシュートはネットをかすりもしません。

しかし、その後にドラマが待っています。

これでふっきれたのか立て続けにスリーポイントシュートを決めていくJason君。

残り6秒。最後にJason君が投げたシュートが決まり、大逆転劇に成功。
会場は歓喜に包まれ、一斉にJason君の元に集まり、胴上げします。

ほんの4分の出場時間で合計20点。

何度見返してもすごい話です。

“I just want to win as a team, not individually.”

とJason君は語っています。

また自分が自閉症であることについて次のように語っています。

“I’m not really that different.

I don’t really care about this autistic situation, really.
It’s just the way I am.

The advice I’d give to autistic people is just keep working,
just keep dreaming, you’ll get your chance and you’ll do it.”

Jason君から学ぶ事は多いですね。

英語をやるにしても、リスニング力を伸ばす
にしてもこういう題材は最高の英語教材に
なりますよね。

90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

http://gold-mind.jp/mobile/mail-seminar

にPCでアクセスした後、
携帯アドレスを入力することで参加可能です。



  


Posted by 株式会社トモネットどっとこむ at 11:26Comments(0)英語リスニング

2010年11月20日

【英語動画】イチローが通販?

今回紹介するYouTubeの英語動画は、

イチローが元同僚のラウル・イバニェス(現フィリーズ)と一緒になって
万能な(versatile)バッターズボックスを通信販売するというコントCMです。
(日本では珍しいですよね。)

ホームランを打つことだけを常に考えているラウルと
ヒットを飛ばすことだけを考えているイチローの姿に
観客が湧きますが、

途中、掃除機を宣伝しにきたおじさんが乱入して、
一気にしらけるという流れです。

コントとは言え、演技をしてるイチローを見るのは、

日本では古畑任三郎に出演した時くらいしか
記憶にないですが(古いか)、

英語の勉強とは別に面白いです。

●イチローがイチローがBatter's Boxを宣伝-YouTube英語動画


90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

http://gold-mind.jp/mobile/mail-seminar

にPCでアクセスした後、
携帯アドレスを入力することで参加可能です。
  


Posted by 株式会社トモネットどっとこむ at 20:39Comments(0)英語リスニング

2010年11月16日

【英会話の本質】大事な話

Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow.
The important thing is not to stop questioning.

Albert Einstein

■意味:
過去から学び、今日のために生き、
未来に対しては希望を持つ。

大切なことは、疑問を持たないことを止めないことだ。


教育の民、知恵の民と呼ばれるユダヤ人たちは、

子供の頃から「なぜか」という質問をするように徹底的に
しつけるとどこかの本で読んだことがあります。

自分で問題意識を持って考える。

これは英会話、英語学習にしても同じ。

何もユダヤ人に限ったことではないけれど、

欧米人、少なくとも僕が留学先で出会ってきた人たち
の多くは、どんな質問をしても、堂々と自分なりの意見を
展開してくる人が多かった。

一方でマスがモノを言う日本にいると、

どうしても「自分で決断して考える」ということが
しづらくなってくる感がある。

皆、平等。横一列。

何かとブレーキが掛かる。

「なぜ」という質問は日々の数ある選択肢の中から
最も適した道を示す羅針盤になりうる。

英語の知識がネイティヴ並だったら英会話力も
ネイティヴ並なのか?

恐らくNO。

英語の知識があったとしてもそこに自分の
考え、意志がなければただの知識。

英会話力も大事。

でもそれ以上に人格はもっと大事。


90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

http://gold-mind.jp/mobile/mail-seminar

にPCでアクセスした後、
携帯アドレスを入力することで参加可能です。
  


Posted by 株式会社トモネットどっとこむ at 21:02Comments(0)英会話